ミソプロストールの処方については、別の使用法がありますか?

 

ミフェプリストンを服用して24時間後に、ミソプロストールを舌下、経膣、口腔投与(歯ぐきと頬の間)の3つの方法で用いることができます。これらの方法は、中絶を生じさせる上でそれぞれに同じように効果があります。しかしミソプロストールはすべて同じように投与しなければなりません。

 

ミソプロストールを舌下で投与することを強くお勧めします。ミソプロストールを舌下で投与したら、病院に行かなければならない時も、錠剤が見つけられないからです。血液検査でミフェプリストンやミソプロストールを服用したことは証明できないため、あなたが中絶を試みたことを証明する方法はありません。

 

女性が中絶を行うと起訴されてしまう国では、中絶をしようとしたことを医療関係者に伝えなくてもかまいません。流産したと伝えることができます。医師にはその違いは分かりません。対処法も同じです。真空吸引としても知られている掻爬術にて対処します。掻爬術により、医師は子宮から残りの組織を取り除きます。医師はあらゆる場合において助ける義務があります。{そうは(じゅつ)}

科学的な情報

61 73 74 75 76 77 78 79 82 83 84 86 88 89 92 93 95 96 97 98 99 100 101 103

 

錠剤を経膣投与したい場合、ミソプロストールを膣のできるだけ奥の方の子宮が始まる入口のあたりに入れます。合併症を併発する際に、病院の職員があなたのことを警察に訴える国で暮らしているとしたら、膣の中で錠剤が全部きちんと溶けたかどうかを指で注意深く確かめます。溶けずに残っている錠剤を取り除いて、すぐに病院に行きましょう。錠剤が完全に溶けるには通常4日かかります。