受胎生成物(胎盤、胚、血液)は目に見えるでしょうか?また受胎生成物をどうすればよいでしょうか?

女性はほとんどの場合、生理用ナプキンやトイレで血液や細胞組織を見ます。(とても小さな)胚が、血液や組織の中に流れてくるのですが、通常女性は見逃してしまうくらいの大きさです。しかし、(とても小さな)胚を見てしまう可能性もあります。妊娠している期間の長さによっては細胞組織に囲まれた妊娠嚢が見えてしまうかもしれません。例えば、妊娠第5週から第6週ぐらいでしたら、妊娠嚢は目には見えないことでしょう。 妊娠第9週には、血液中に妊娠嚢を見るかもしれず、その場合は、胚も見えるかもしれません。妊娠第8週から第9週では、胚は約2.5㎝程の大きさです。胚を見るのはつらいかもしれません。これについて懸念がある場合は、ヘルプデスクが資料とサポートを提供できます。

詳細情報

妊娠第6週から第7週では、胚の大きさは約0.5〜1.5ぐらいで、妊娠第9週では、2.5ぐらいの大きさです。胚は、血液や他の妊娠細胞組織と一緒に流れてくるので、薬による中絶で排出される胚ははっきりと目には見えない場合が多いです。

薬剤による妊娠中絶を体験した女性たちは、それが自宅において自分で対処できるものだと実感していました。多くの女性たちは、一緒にいてくれる人を自分で選ぶことができ自宅のトイレ設備を使用できるほうが良いと感じていましたWHO世界保健機関)は、個人が自分で手順を踏むことができ、自分の選んだ環境で行えることを重要視するため、薬剤による中絶の自己管理がエンパワーメントにつながり得ると示唆しています。