妊娠

 

  • どうすれば自分が妊娠しているかどうかと、妊娠何週目なのかが分かりますか?

    どうしたら妊娠しているかどうか、また妊娠期間を知ることができるのか?
    Read more »

  • 薬による中絶は妊娠何週間目まで行えますか?

    薬による中絶は、妊娠第9週まで自分で行うことができます。 Read more »

  • 妊娠第9週を過ぎてから薬による中絶を行ってしまったら、どうなりますか?

    妊娠9週以降に薬による中絶を行っても、薬には効き目があり中絶をすることは可能です。しかし、合併症の危険が増加するため、医師の治療を受けなければならない可能性が高くなります。(どのくらいリスクか高まるかについては、下の合併症に関する表を見てください)したがって、病院の待合室や病院の近くにあるカフェで薬を服用することをお勧めします。緊急に診察が必要となる場合、病院の近くにいることができるからです。症状は流産とまったく同じです。緊急の処置が必要な場合は、中絶をしたことで女性が起訴されるかもしれないため、医師に流産をしたと伝えることが大切です。症状や治療法は流産の場合と同じです。

    Read more »

  • 妊娠していないにも拘わらず妊娠中絶薬を服用した場合はどうなるか?

    妊娠をしていなかったのに、とりあえず中絶薬を飲んでしまったとしても、健康が損なわれることはありません。ただし、薬を飲んでからの24時間中に、吐き気、嘔吐、微熱、下痢などの薬の一般的な副作用があるかもしれません。 Read more »

  • 妊娠中のhCG(性腺刺激ホルモン)の値はどのくらいでしょうか?

    最終月経から週数ごとのhCGのレベル:      妊娠第3週:5 ~50mIU/ ml 妊娠第4週:5~426mIU/ ml 妊娠第5週:18 ~7,340mIU/ ml 妊娠第6週:1,080~56,500mIU/ ml 妊娠第7〜8週:7,650~229,000mIU/ ml 妊娠第9 ~12週:25,700~288,000mIU/ ml 妊娠第13〜16週:13,300~ 254,000mIU/ ml 妊娠第17 ~24週:4,060 ~165,400mIU/ ml 妊娠第25 ~40週:3,640 ~117,000mIU/ ml  … Read more »

  • 血液型がRHマイナスの場合はどうすればよいですか?

    通常、医師は血液型が RHマイナスの女性が(手術による)中絶や流産、出産を迎える際には抗Dグロブリンの注射を受けることを勧めます。胎児がRHプラスの血液型の場合、その血液がRHマイナスの女性の血液中に混じり込むと、次に生まれる赤ん坊に悪影響を与えかねない抗体ができてしまう可能性があるからです。 ただし、早期の薬による中絶や妊娠第一期(妊娠12週まで)の自然流産にに関する研究では、胎児の血液が女性の血液に入り込むことはほとんどないか、あってもごくわずかであること、また女性の体内に次の胎児に影響を与えるほどの抗体が作られることはないことが示されています。 62  そこで私たちは、… Read more »