薬による中絶とは?

 

薬による中絶では、薬剤を組み合わせて使うことで、外科手術を受けることなく妊娠10週目までの初期の妊娠を終わらせることができます。薬による中絶の中でも最も安全で効果的なのは、2種類の錠剤を用いる方法です。ミフェプリストンとミソプロストールと呼ばれるこれらの薬を適切に用いることで、受胎産物は自然に排出されます。

より科学的なデータ:

 

ミフェプリストンとミソプロストールは、世界保健機構の必須医薬品モデルリストに含まれています。53ミフェプリストンは、妊娠を継続するために必要であるホルモンのプロゲステロンをブロックします。このホルモンがないと受精卵の子宮壁への着床が妨げられ、子宮が収縮します。ミソプロストールは収縮を高め、子宮から受胎の産物を排出するのを助けます。

 

ミ フェプリストンミソプロストールは、とても安全で効果的で、妊娠早期3ヶ月間における妊娠中絶としての基準を満たしていることが証明されています。この妊 娠中絶方法の影響にはけいれんや、長期の月経のような出血などが含まれます。一般的な副作用には吐き気、嘔吐、下痢などが含まれます。重篤な合併症の危険 性は非常にわずかです。女性が病院や緊急医療施設の近くに住んでいたら、家庭で薬による中絶の処置を行っても安全であることを研究が示しています。