中絶の成功とはどのような状態のことをいい、自分の中絶が完了しうまくいったかどうかはどうすれば分かりますか?

 

妊娠の進行が止まり、さらなる治療が必要ない時、中絶が成功したといえます。研究によれば、妊娠第9週までにミフェプリストンとミソプロストールを用いて薬による中絶を行う99.5%の女性が妊娠を終了しています。さらに治療が必要な女性は3%のみです。97%の中絶において、女性の体は医療の介入なしに体内の残留物を自然に排出しています。中絶が過程(process)であることを理解するのは重要です。子宮が空っぽになり中絶が完了するのには時間がかかります。血液や血栓の排出が1~3週間以上継続するのは普通です。女性の体はみな違います。

 

激痛や永続する多量出血、異常な膣分泌物や発熱がある場合、合併症の徴候かもしれないため、医師のもとに行かなければなりません。中絶がうまくいったかどうか疑問がある場合にも医師のもとに行き、超音波検査を行わなければなりません。

 

多くの女性が、中絶がうまくいったかどうか分かっています。(吐き気、乳房の圧痛、頻尿)といった妊娠の徴候がなくなるのを感じたり、胚が排出されるのを見たりします。中絶をした2~3日後に超音波検査を受けることで、薬が作用したかどうか、妊娠が終了したかどうかは分かりますが、ミフェプリストンを用いてから10日間ぐらいは待つ方が良いでしょう。というのも中絶の7日後に完全に中絶が完了している割合は23%にすぎないからです。71

 

妊娠尿検査は、薬の投与後3週間後にはじめて行うことができます。というのも3週間より前の場合、妊娠ホルモンがまだ体内に残っているため、検査結果が誤って陽性反応を示すかもしれず、結果に信頼性が乏しいためです。体が細胞組織や血液を完全に排出するまで(次の月経まで)数日から数週間かかるかもしれません。超音波検査は子宮残留物を見せてくれます。拡張と掻爬を勧める医師もいるかもしれませんが、痛み、発熱、感染症の徴候がない場合、体が自然と子宮の内容物を排出するのを待つ方がよいでしょう。拡張と掻爬はリスクや痛みを伴う侵入的な方法です。

 

より科学的なデータ: 

いくつかの研究が、特にミフェプリストンを含む手順の中で、自分の行った薬による流産が完了したかどうかを女性が正しく評価することができることを示しています。ある分析は、中国、キューバ、インドにおけるミフェプリストン、ミソプロストールの臨床試験のデータを用いています。「222人の女性うち、実際には中絶がうまくいかなかった場合に、中絶がうまくいったと間違って信じていた女性はいませんでした。110人の女性が間違って、中絶が実際には成功していたけれどもうまくいかなかったと信じていました。この場合、結果的に、その女性たちは診療の予定はない場合も専門家に連絡を取り、助言を求めることとなりました。アメリカ合衆国の女性を対象とした別の研究は次のような結論に至っています。1「女性と臨床医は、超音波検査や診察をしなくても、ミフェプリストンとミソプロストールを用いた薬による中絶において、胎嚢が排出されたことを非常に正確に判断できています。」29