中絶が完全でない場合、中絶が完全に終わらなかったことはどうすれば分かりますか?

 

不完全な中絶とは、中絶が部分的に成功した妊娠中絶です。妊娠は終わり、胎児は成長しないのですが、体が細胞組織や受胎生成物の一部を排出していません。出血の長期化、大量出血(普通の月経よりもずっと多い量)、ミソプロストールを服用して数日経っても消えてゆかない痛み、耐え難い痛み、発熱、3週間以降も継続する出血、腹部を押さえた時に痛みがある場合は、中絶が不完全であった可能性があります。これらの症状がある場合は、中絶を完了するために病院か医師のところへ行かなければなりません。体内に残る細胞組織や血液は、多量出血や感染症を引き起こすことがあるため、絶対に病院にいかなければなりません。不完全な中絶の治療はどこでも合法とされています。

 

女性が中絶をすることで起訴されてしまう可能性のある国では、医療スタッフに中絶をしようとしたことを伝える必要はありません。その場合、自然流産が起こったと言えば済みます。女性が薬による中絶を行ったことを示す検査は存在しません。不完全な中絶を治療することは非常に大切です。不完全な中絶の治療は、真空吸引、または「掻爬術」と呼ばれます。流産の合併症に対処することのできるクリニックは、中絶が不完全に終わった女性を助けることが可能です。症状は同じだからです。

 

 薬による中絶の後の、不完全な中絶はどのくらいよくあることでしょうか?
妊娠期間不完全な中絶の割合 
0~77日 1.6%
78~83日 2.6%
83~91日3.4% 

20 21 22 17