ミフェプレストンを服用し、24時間後にミソプロストールを4錠服用します。それには大切な理由があります。

科学的研究によると、ミフェプリストンとミソプロストールを組み合わせた薬剤による中絶は、妊娠12週までの自宅での使用に安全で効果的であることが示されています。

妊娠12週までの妊娠の場合、研究によると、ミフェプリストン1錠(200 mg)を服用し、24時間後にミソプロストール4錠(各200 mcg)を舌の下に服用することが、ミソプロストールの反復投与することをしない、安全かつ効果的な服用方法です。

Women on Webは、安全な薬剤による中絶に関するWHO(世界保健機関)のガイドラインに従います。ほとんどのパッケージには、ミフェプリストン1錠とミソプロストール200 mcgが最大8錠含まれています。これは、薬剤で中絶を行う場合、妊娠10週未満と予想される女性向けです。このようにして、中絶プロセスが適切に開始されていないという懸念が生じたときはいつでも、追加でミソプロストールを服用することができます。ミソプロストール200mcg 2錠の追加投与量は、大量出血または不完全流産の治療にも使用できます。

妊娠10週以上の方には、ミフェプリストン1錠(200 mg)とミソプロストール12錠(各200mcg)をお届けします。これらは繰り返し服用する必要があります。この場合、個人はミソプロストールの追加の錠剤を服用する方法に関する詳細な情報が記載された電子メールを受け取ります。

一部の国では、ミソプロストールは400mcgの錠剤でのみ入手可能です。これらの錠剤を中絶に使用する場合は、使用するミソプロストールの投与錠剤数を半分(1錠)にする必要があります。ご注意ください。