薬による中絶を行った後、いつまた妊娠できますか?

月経が始まる時期は中絶の数週間後かもしれませんが、中絶後1週目か2週目には排卵が起こりえます(繁殖力があります)。つまりまだ軽い出血があるとしてもすぐに妊娠する可能性があるということです。すぐ妊娠したくない場合は、薬による中絶を行った直後から避妊を始めることが大切です。

 

コンドームやその他の受胎調整法をすぐに用いることができます。ミソプロストールを服用した4~14日後には、軽い出血があったとしても避妊リングをつけることが可能です。避妊リングを挿入するのを次の月経まで待つこともできますが、妊娠する危険性を避けたいようでしたら、その間の期間、他の避妊法を用いる必要があります。

 

ミソプロストールを服用してから1~5日後から、他のホルモン避妊法(ピル、パッチ、リング、注射法、埋没法)をすぐに用いることができます。ミソプロストールを用いてから5日後以降に避妊用ピルを使い始める場合、避妊用ピルが完全に効力を発揮するまで、最初の9日間はバリア法(コンドーム)を用いることを推奨します。

 

薬による中絶がうまくゆかず、まだ妊娠している場合でも、避妊用ピルやパッチ、リング、注射法に用いられているホルモンは、胎児が成長する上で危険ではありません。しかし、可能であれば、中絶がうまくいったことを確認するために超音波検査をすることをお勧めします。