合法ですか?

 

ほとんどの国で、自宅の住所で薬を受け取ることは関税法に違反してはいません。

ほとんどの国で、個人的に使用する目的のみの場合、薬を受け取ることが許可されています。

 

ミフェプリストンとミソプロストールはWHOの必須医薬品のリストに含まれています。これらの薬は、モルヒネやコカインのような麻薬でもありませんし、エクスタシーのような快感薬物でもありませんし、密輸でも、制御薬物でもありません。

 

ミソプロストールほとんどの国で登録され、また、胃潰瘍予防のために用いることができます。

 

ミフェプリストンはあらゆる国で登録されているわけではありませんが、このことを問題とすべきではありません。というのも、個人的な利用のためだけに使用されるからです。ミフェプリストンも事後ピルや、うつ病や乳がんの治療のため用いることができます。

 

ほとんどの国において、個人的な使用だけのためにミフェプリストンやミソプロストールを少量の所持することが認められています。

 

世界中のほとんどの国での税関規制では、個人的な使用のために薬を送ってもらうことを容認しています。輸入許可、あるいは販売許可なく、商業的な目的で、医薬品を郵送で受け取ることは許されていません。

 

通関手続きは、本人の責任です:発送品があなたの国に到着する際に、輸入税の対象となる可能性があります。その場合、輸入税は荷物が配送される前に支払わなければならないため、配送業者から連絡があるでしょう。輸入税がいくらかかるかは国によって異なりますが、輸入税をを支払わなければ、発送品は破棄されます。薬を個人的な使用としてのみ用い、再販する意図はないため、このようなケースはまれなはずです。また、品物が配送業者の手に渡ったら、品物の所有者はあなたとなることを覚えておいてください。

 

記録上、あなたが輸入者となり、品物を受け取る国における、あらゆる法律と法規を遵守しなければなりません。ご自身の国の通関規制を調べてみてください。

 

USP(アメリカ薬局方、英語のサイト)かお住まいの国の通関に連絡をしてください。List of Globally identified Websites of Medicines Regulatory Authorities .